調剤業務(内服・点滴)の求人

総合病院薬剤師求人TOP >> 部門別の求人事情 >> 調剤業務(内服・点滴)の求人

調剤業務(内服・点滴)の求人

薬学生に人気のある病院勤務。病院に勤務する薬剤師の仕事は多種多様です。薬剤師の仕事の中で一般的なものが、調剤業務でしょう。調剤業務は主に、外来・入院患者さん、透析患者さんへの内服薬を調剤します。薬剤師は、医師から発行された処方箋や検査値などをもとにして、患者さんにとって薬の用法、用量が適切か、複数の薬剤を使用する場合は薬剤間の相互副作用がないかなどをチェックして、患者さんにとり適切な調剤を行います。

ですから、ただ単に医師から言われた通りに調剤すればよい、というだけの仕事ではありません。たとえば抗がん剤などの休薬が必要な薬に対して、適切な投与スケジュールで処方されているか確認することも薬剤師の業務の一つです。人の命を預かる仕事ですから、有効かつ安全な薬物治療が行なえるようにしなければなりません。非常に責任の重い仕事です。

病院薬剤師の仕事は服薬調剤だけではありません。点滴調剤も業務の一つです。クリーンベンチ(無菌調剤室)内で、薬剤師はブドウ糖や蒸留水を点滴バッグに分注して点滴薬を調剤します。点滴は直接患者さんの血管に入るので、調剤には特に細心の注意が必要になります。患者さんそれぞれに必要な点滴バッグと薬剤をセットし、氏名を記入、混合する前の段階まで準備しておかなければいけません。

このように責任が大きい薬剤師の仕事ですが、病院薬剤師の平均年収は、およそ300〜450万円と決して高給とはいきません。もちろん、病院薬剤師だからといって、すべての勤務先が低給与というわけではありません。民間の病院でも薬剤師の給与が高い地域もありますし、国公立病院の薬剤師ならば年収600万円くらいの給与を得ることができる場合もあります。企業薬剤師やドラッグストア、調剤薬局勤務など含めた薬剤師全体の平均年収が530万円ほどですから、それを上回る年収を得ることができる場合もあるのです。勤務先の病院によって、あるいは勤務する地域によって収入や労働条件には差が生じます。

ひとくちに薬剤師といっても、勤務先によって勤務条件や業務内容は変わってきます。できるだけ良い条件・良い環境のもとで仕事をしたいなら、薬剤師の求人をできるだけたくさん比較してみるといいでしょう。勤務地や給与、勤務条件、業務内容など面接の際にしっかり聞きましょう。分からない所、疑問に思う部分はそのままにしてはいけません。できるだけ気持ちよく働くことができるように事前に情報を得ておきましょう。


Copyright (C) 2014-2017 総合病院の薬剤師求人サイト【※総合病院に勤務するなら!】 All Rights Reserved.