医薬品情報提供業務の求人

総合病院薬剤師求人TOP >> 部門別の求人事情 >> 医薬品情報提供業務の求人

医薬品情報提供業務の求人

薬剤師の仕事の一つにDI業務があります。DI業務とは、医薬品の情報管理を行う仕事です。DIはDrug Informationの略。直訳すれば医薬品情報管理です。医薬品に関する情報収集を行い、収集管理している情報を提供します。薬剤師には珍しいデスクワークの仕事になります。医療の現場からは離れていますが、実質は医療の最前線に貢献する仕事です。

製薬会社で医薬品情報提供業務を行う薬剤師は、病院やクリニック、福祉施設等の医師、看護師、薬剤師に対して自社医薬品の情報を提供します。また、一方的に情報提供するだけでなく、緊急の問い合わせにも対応します。さらに、医科大学や大学病院を始め、さまざまな研究機関へも情報提供を行わなければなりません。単に医薬品情報にとどまらず、最新の薬物療法などの学術データなども収集し管理して提供する役割があります。

もちろん外部だけに情報提供するわけではありません。自社営業マンにも情報提供する必要があります。そのための報告書作成や、プレゼン資料作成なども医薬品情報提供業務の一つです。問い合わせに対しても返答できるよう、常に情報を最新のものにしておく必要があります。国内の情報にとどまらず、海外の文献や論文、医薬品を調査し情報提供する必要もあります。

ですから、DI業務を行う薬剤師は、医薬品に関する情報のスペシャリストといえます。自社だけでなく、医療現場や研究機関でもその知識が活かされるので、非常にやりがいを感じることのできる仕事です。情報を集めて提供するだけでなく、適切な情報を選んで発信しなければいけないうえ、人の命にもかかわる重要な仕事なので、慎重さや緻密さ、適正な判断力が求められる仕事でもあります。たとえば医師から「70歳以上の高齢者に薬剤を投与した場合の臨床データ」を求められたとしたら、そのデータが存在しないからといって「ありません」ですませることはできません。「70歳以上はありませんが、60歳以上のデータがあります」というふうに代替案を出せるようでなくてはいけません。柔軟な発想力が求められます。

医薬品情報のスペシャリストとも言えるDI業務を行う薬剤師の就職先は、主に製薬会社、医薬品製造会社などの他に、化粧品メーカーや健康食品メーカーなどもあげられます。専門的な知識を生かして多種多様な職場を選ぶことができます。デスクワークが中心となるため、勤務時間は一般的なサラリーマンとほぼ同じと考えてよいでしょう。基本的に休日出勤などはありません。年収や待遇などは勤務先によって大きく異なるので、より自分に合った勤務先を探し出す努力が必要になるでしょう。


Copyright (C) 2014-2017 総合病院の薬剤師求人サイト【※総合病院に勤務するなら!】 All Rights Reserved.