病棟薬剤業務の求人

総合病院薬剤師求人TOP >> 部門別の求人事情 >> 病棟薬剤業務の求人

病棟薬剤業務の求人

2012年に行われた診療報酬改定により、病棟薬剤業務実施加算が新設されました。これによって病院薬剤師の業務が高く評価された結果となりました。算定の要件は、服薬指導の時間と別に、週に20時間相当以上の病棟薬剤業務を行うことです。それまでは病棟での薬剤師の業務内容は服薬指導が主でした。ですが、病棟薬剤業務実施加算ができて病棟内での薬剤師の役割は大きく変わりました。

病棟薬剤業務の加算により、病棟薬剤業務を医師や看護婦に変わり薬剤師が行うことになります。そのため、チーム医療に薬剤師が加わることになり、医師や看護師に対して薬剤への知識を生かして投薬の助言や提案を行えるようになったのです。これは大きな変化といえるでしょう。

病棟薬剤業務には、処方の提案も含め、病棟の医薬品管理、情報収集、さらに医師や看護師への情報提供と提案などがあります。病棟に常駐することで、医師、看護師などの医療スタッフと連携が取りやすくなります。そこで、病棟薬剤業務にあたる薬剤師には高いコミュニケーション能力や、専門的な知識が必要とされます。また、直接患者さんや患者さんの家族とのかかわりも求められるので、高度な知識を分かりやすく説明する能力や、苦しむ人に寄り添う態度も必要になります。

病棟薬剤業務を行い、チーム医療に貢献したいのであれば、普通以上のスキルやキャリアが必要です。ですが、今すぐにチーム医療に加わるだけの経験や知識がないからといって、がっかりする必要はありません。経験を積んでいく中でいずれチームに加わることができる病院を探して、スキルを着実に身につけステップアップしていけばよいのです。病院のホームページに、勤務している薬剤師さんの声や意見を掲載している場合があるので、参考にしてみると良いでしょう。

キャリアを積んでいきたいならば、良い勤務先を選ぶことが重要です。チーム医療が推進される中で、今後ますます薬剤師の役割は重要視されるようになることでしょう。今後は、調剤業務だけでなく、病棟業務に専念できるようになることが必要になってくることでしょう。すでに、アメリカでは薬剤師の業務の幅が広がり、医師に変わって行える仕事が増えてきています。日本でも、そう遠くない将来に、薬剤師の業務全般に置いて、大きく変革されていくことが期待できます。そのためにも、今のうちから、自分のスキルやキャリアを向上させることのできる病院を勤務先に選びましょう。さまざまな病院求人を比較し検討してみてください。


Copyright (C) 2014-2017 総合病院の薬剤師求人サイト【※総合病院に勤務するなら!】 All Rights Reserved.