総合病院の薬剤師の仕事内容

総合病院薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 総合病院の薬剤師の仕事内容

総合病院の薬剤師の仕事内容

総合病院に勤務する薬剤師の仕事内容としては、調剤・服薬説明・医薬品の管理などがあります。病院によってそれぞれ違う薬剤師が担当する場合があれば、一人の薬剤師がどの業務も行う場合があるので、それぞれの病院でのやり方を身に付ける必要があるでしょう。総合病院においては薬剤師の仕事は非常に重要で、飲ませる薬の量や種類を間違えたりしては大変なことになりますから、常に確認しながら確実に行うことが大切です。

まず、調剤とは薬品を調合することです。調合する内容は、医師から処方箋で支持されるので、その内容に応じて薬品を混ぜたり量を測ったりし1回分ずつに小分けして包装します。飲み薬だけでなく、注射する薬や、点滴などの調剤も薬剤師の仕事です。そのため、総合病院ではかなりたくさんの調剤が薬剤師によって行われているのです。点滴や注射の調剤は、薬局ではできない業務であり、総合病院の薬剤師ならではの仕事として良い勉強になります。

そうやって用意した薬の服薬指導を行うのも薬剤師の仕事です。入院をした経験のある人は、処方された薬を持った薬剤師が病室を訪れて、それぞれの薬がなんのために処方されたどのような薬かを説明された経験があるでしょう。また、薬局の窓口で処方薬を手渡しながら、薬の効能や飲むときの注意などを伝える服薬指導も、薬剤師の大切な仕事になります。薬によっては飲むタイミングが決まっていたり、一緒に飲んではいけない飲み合わせが悪い薬などもありますので、そういった注意を事前に伝えることは大切です。直接患者とコミュニケーションを取り、薬の効き具合やその日の体調から判断して、医師に投薬の内容について相談することもあります。

医薬品の管理としては、病院で使う大量の薬品の在庫を確認して、それぞれの薬品が正常な状態で保管されるように、温度や湿度などの管理を行います。薬品によっては冷蔵庫保管が必要だったり、光を当ててはいけなかったりするので、適切な状態で保管することは大切です。

さらに、患者によっては持病によって別の薬を常用している場合もあるので、それを把握することで飲み合わせによるトラブルを防ぐことも薬剤師の役割です。新しい薬の成分や、その効果についての情報を集めて医師と相談したり、投薬によってより高い効果を上げるための研究を行なうこともします。総合病院では、薬剤師は薬のエキスパートという位置づけになりますので、薬の効果を最大限に活用できるように常にスキルアップすることも求められるのです。


Copyright (C) 2014-2017 総合病院の薬剤師求人サイト【※総合病院に勤務するなら!】 All Rights Reserved.