福利厚生充実の総合病院の薬剤師求人なら

総合病院薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 福利厚生充実の総合病院の薬剤師求人なら

福利厚生充実の総合病院の薬剤師求人なら

就職や転職の条件として給料ばかりチェックする人がいますが、意外と重要なのが福利厚生です。福利厚生は、病院によってかなり差があるので、細かい点までよく確認してから転職しないと、後悔することになってしまいます。

たとえば、手当は給料にも関係する大切なポイント。月給の表記に3万円の違いがあったとしても、住宅手当のない病院よりも、寮完備の病院のほうが結局手元に残るお金は多くなります。子供がいる人にとっては、託児所の有無も重要で、病院によっては給料は高くないけど格安の託児所を併設しているために、保育園代がかからないので得だというケースもあるでしょう。その他、通勤手当や資格手当、職務手当など、いろいろな手当てを加算していくと、求人の給与欄の良し悪しだけで判断できないということが良くわかるはずです。

休日や残業についても同じことです。給料が高くても休日が少ないのでは意味がなくて、時給換算にすれば、勤務時間が長くなれば給料が高くなるのは当たり前なのです。給料が高くて、休日がしっかりあってこそ、条件が良い職場と言えることになります。また、有給などがあっても職場の雰囲気で取りやすい・取りにくいがあるので、その点もできればチェックしておきたいところです。

福利厚生欄に書いてある有給を本当に取得できるような職場なのか、完備してあるという寮は住みやすいのかなど、本当に知りたいポイントは、求人欄には書かれていない場合も少なくありません。面接のときに質問できればそれでもいいですが、やはり客観的な判断かどうかは気になるところです。

転職エージェントは、こんな時にも便利で、アドバイザーは実際にその病院で雰囲気を感じたり、福利厚生面の詳しい話を聞いて来たりしているので、アドバイザーと話すだけでもずいぶん違います。また、面接では聞きにくいようなことを、アドバイザーにそれとなく確認してもらうこともできるのもメリットでしょう。逆に福利厚生面で譲れない点があれば、事前にアドバイザーに伝えておくことで、その条件に合った病院を紹介してもらうことができます。最近はどこの病院も看護師不足を解消するために福利厚生を充実させ、それが薬剤師にも適用されるケースが多いので、総合病院は比較的福利厚生が充実していることがよくあります。オーナーの考えに左右されやすい個人経営の薬局などに勤めるよりは、福利厚生面では安定して良い条件を揃えている総合病院が多いのではないでしょうか。


Copyright (C) 2014-2017 総合病院の薬剤師求人サイト【※総合病院に勤務するなら!】 All Rights Reserved.