総合病院の薬剤師の平均年収

総合病院薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 総合病院の薬剤師の平均年収

総合病院の薬剤師の平均年収

薬剤師は、国家資格の必要な専門職ですから給料が高いと思われがちですが、薬剤師の給料はどこに勤めるかによってずいぶん違います。たとえばドラッグストアで働く場合は、年収400万円くらいのスタートですが、店長クラスにまで出世すれば年収700万円くらいまではあがります。また、製薬会社も同じで、スタートはそれほど高くないのですが、営業成績によっては年収800万円以上の高給を得ることも可能です。

総合病院に勤務する薬剤師の場合、仕事の内容は多岐にわたりますし、土日の出勤なども当然ありますが、だいたい年収で400万〜650万円というのが相場になります。薬剤師全体の平均年収は530万円程度ですからだいたい平均程度といえるでしょう。調剤薬局に勤める薬剤師も、店舗やオーナーによってかなり違いはありますが、だいたいそのくらいの年収です。

よくサラリーマンと薬剤師はどちらが給料が高い?と聞かれることもありますが、これは年代によって違います。つまり、資格を取得している専門職であるため、薬剤師は初任給も比較的高く、新卒で就職した時はサラリーマンよりも高い給料をもらっていることが多いのですが、長い目で見ると決して高給というわけではありません。特に、調剤薬局や総合病院で働く薬剤師の場合は、「出世する」というにも限界がありますので、ある程度給料あがるとそれ以上上がりにくくなる傾向があります。課長・部長・取締役と段階を踏んで給料が上がっていくサラリーマンには、一定のところで抜かされてしまう可能性もあるでしょう。そう思うと、薬剤師だから決して高給というわけではなさそうです。

しかも、総合病院の薬剤師は勉強することが多く、責任も重い仕事ですので、給料がモチベーションという人にはキツイかもしれません。給料ではなく、薬剤師としてのやりがいや、経験を積むためと思って働いている人のほうが多いのではないでしょうか。中には勤続数年でも300万円台という人もいます。総合病院と言っても病院の規模はさまざまですし、病院によって待遇もかなり違うので、専門エージェントのアドバイザーによく相談して、働きやすさと給料の兼ね合いをよく考えて転職先を決めることが大切です。

もちろんどの程度即戦力で使えるかということも、給料には大きく影響しますので、自分のキャリアや希望などは具体的に伝えることが大切です。転職エージェントのアドバザーによっても、給与が違ってくるばあいもありますので、まずは信頼できるアドバイザーを探すことから始めましょう。


Copyright (C) 2014-2017 総合病院の薬剤師求人サイト【※総合病院に勤務するなら!】 All Rights Reserved.