総合病院の薬剤師のメリット

総合病院薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 総合病院の薬剤師のメリット

総合病院の薬剤師のメリット

総合病院勤務の薬剤師のメリットとしては、やはり臨床の現場で働くことができるということでしょう。たとえば薬局勤務の場合、薬剤師は処方された薬を患者に渡すまでが仕事です。実際に患者が薬を飲むのは帰宅後なので、薬剤師は患者が薬を飲んだ後に体調が回復する現場を見ることができませんし、何かトラブルがあってもすぐに対応することもできません。しかし、病院勤務の場合は入院患者と会話をしつつ投薬治療を進めることができるので、毎日の体調の変化も感じることができますし、患者から困ったことやトラブルについて直接話を聞くこともできます。

薬剤師にとって、薬を飲んで回復していく患者をみることができるのは、非常にやりがいを感じるものです。カルテを見て薬についての判断を行うことができるのも、病院勤務ならではです。入院患者とコミュニケーションを取り、薬について感謝されるなどの日々のふれあいがあるのは、総合病院勤務のメリットです。

また、総合病院では患者を治すために、医師や看護師、薬剤師がチームを組んで治療に取り組みます。お互いに情報を共有し、連携して同じ目的のために仕事に取り組むという働き方に、やりがいを感じる人も少なくありません。チーム内では薬のスペシャリストとしての役割を持つ薬剤師は、投薬に関しては医師や看護師に頼られる存在です。こうしたチーム意識を持って仕事を行うのは、薬局などでは味わえない感覚でしょう。

さらに、最先端の医療に関わることができることから、勤務先に総合病院を選ぶ薬剤師もいます。実際、高度な医療を必要とする患者は入院しているケースが多いため、薬局勤務ではそういった医療に関わることはあまりありません。高度な医療を受ける入院患者の薬を担当するのは、あくまで病院勤務の薬剤師なのです。たとえばガンの治療を行う時の抗がん剤の量なども、もちろん指示を行うのは医師ですが、薬剤師は準備を行い、経過を見守ることで、薬の効果や副作用を肌で感じることになります。

新しい薬や成分について常に情報を集める必要があるのもそのためで、最高の医療を提供するために、薬の効果を最大限に引き出せるかどうかは、薬剤師にかかっているのです。分野を絞って専門的な知識を身に着け、特定の分野のエキスパートとして活躍する薬剤師もいれば、あらゆる疾患に対応できるように幅広い知識を身に着けた薬剤師もいます。自分がどの方向に進むかは自由ですが、そうやって薬剤師としての姿を追求できる環境こそが、総合病院のメリットなのかもしれません。


Copyright (C) 2014-2017 総合病院の薬剤師求人サイト【※総合病院に勤務するなら!】 All Rights Reserved.