総合病院の薬剤師のデメリット

総合病院薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 総合病院の薬剤師のデメリット

総合病院の薬剤師のデメリット

総合病院勤務の薬剤師は、非常にやりがいのある仕事ですが、一方でデメリットがあるのも確かです。そのひとつが、勤務時間が不規則だということです。総合病院では入院患者に対して、24時間体制で治療を行うことになります。そのため、薬剤師であっても時間外勤務があったり夜勤があるのが一般的。普通の薬局のように、営業時間のみの勤務というわけにはいきません。

次に、給料が他の薬剤師よりも低いというのも、病院に勤務する薬剤師のデメリットでしょう。世間のイメージでは、医療の最先端で投薬を任される総合病院の薬剤師は、薬剤師として高度なスキルが求められることから、給料が高いと思われがちですが、実際にはドラッグストアなどで勤務するほうが給料は高くなることが多いです。給料は高くないけどやりがいがあるから総合病院で働いている、という人のほうが多いのではないでしょうか。また、総合病院は知識とスキルを磨くという点では良い職場ですので、若いうちは総合病院で薬剤師としての修業を行い、その後薬局などに転職するケースも多いのです。

また、薬剤師ひとりひとりがスペシャリストとして働く仕事ですので、「出世」という面では難しくなります。薬局やドラッグストアの場合は、店長になるなどある程度の出世を目指すことはできますし、そうすることによって収入もアップしますが、病院勤務の場合はその点あまり出世することができません。そのため、初任給こそ通常のサラリーマンよりも割高ですが、その後の出世による給料アップがあまり望めないので、気が付くと管理職になった同年代のサラリーマンに比べて薄給だというケースも少なくないのです。

それでも、他の薬局では味わえないやりがいを求めて総合病院での勤務を希望する薬剤師は多く、転職エージェントなどを利用して実際に転職する人も少なくありません。総合病院での薬剤師の中途採用は決して多くはないのですが、病院とのパイプを持つエージェントを利用すれば、非公開求人に応募したり条件の良い薬剤師求人を紹介してもらったりと、満足できる転職を行っている人も多いのです。

特に、求人の少ない総合病院での薬剤師募集は、どの転職エージェントを選ぶかでその後の待遇なども違ってくることがあります。リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師など、大手の薬剤師専門エージェントを上手く利用することで、希望の総合病院への転職を成功させた例も多いので、まずは登録して自分がどんな薬剤師業務にやりがいを感じるのか、よく考えてみるとよいでしょう。


Copyright (C) 2014-2017 総合病院の薬剤師求人サイト【※総合病院に勤務するなら!】 All Rights Reserved.