大学病院と総合病院で薬剤師の役割の違いはある?

総合病院薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 大学病院と総合病院で薬剤師の役割の違いはある?

大学病院と総合病院で薬剤師の役割の違いはある?

大学病院と総合病院では薬剤師の役割・仕事内容が違ってきます。大学病院では一般の総合病院では扱っていないような難病や奇病をも診療します。大学病院は、診察と治療だけではなく、研究と教育という役割ももっているからです。ですから、薬剤師の仕事の内容も一般病院のそれとは異なります。難病患者の場合、薬剤師は調剤室でカルテを見ながら自分で調剤しなければなりません。医師の処方箋どおりに薬を出すだけでなく、場合によっては自分で調剤を行います。また、製薬会社と連携して新薬の研究開発を手掛ける場合もあります。研究開発した新薬を使用するかどうかの判断も薬剤師にゆだねられます。

大学病院では薬剤師も医療チームの一員となります。救命救急センターや院内感染対策チームなどに薬剤師が駐在して、薬物療法の提案や支援、さらに今後の治療計画のサポートなどに参加する場合もあります。こうした機会は、人の命に係わる重大な責任を担う仕事ですが、その分やりがいや達成感のある、報いの多い仕事だと言えるでしょう。また、教育や研修の体制が整っているので、ステップアップのチャンスも広がります。

総合病院での薬剤師の仕事は、調剤以外にもあります。たとえば、無菌製剤業務、DI業務(医薬品の情報収集と管理)、医薬品の在庫管理、薬剤管理指導、服薬指導などがあります。医薬分業が盛んになった結果、通院患者さんは病院外の調剤薬局で処方を受けることが多くなり、総合病院に勤務する薬剤師の仕事は現在では主に入院患者さんを対象に行われます。

なかでも特殊なのがDI業務です。DIとはDrug Informationの略で、医療スタッフへの薬剤の情報提供を行います。がん患者への処方提案から赤痢菌をもった患者が使用したトイレの消毒法など、内容は多岐にわたります。もちろん処方を決めるのは医師ですが、医師にどの薬をどれだけ使用するかを提案するのはDI業務の一つです。臨機応変に対応することが求められますが、自分の提案で処方が決まる、責任は大きいですがやりがいのある仕事といえます。

このように仕事内容に違いのある両者ですが、大学病院、総合病院どちらの薬剤師にとっても共通して必要なものが、コミュニケーション能力です。患者さん、また医療スタッフから信頼されるかどうかが大きな鍵になります。薬剤師としての知識はもちろんですが、大勢の患者さん、医師や看護師と接するのでどんな人とでもうまくやっていけるコミュニケーション能力は重要です。人間関係がぎくしゃくしてしまっては、業務に差しさわりが出ますから、どんなタイプの人とでもうまくやっていくことができるようにしましょう。


Copyright (C) 2014-2017 総合病院の薬剤師求人サイト【※総合病院に勤務するなら!】 All Rights Reserved.